バンガード米国トータル債券

バンガード米国トータル債券(BND)

バンガード米国トータル債券は世界最大の債権ETFです。Barclays Capital U.S. Aggregate Bond Indexのパフォーマンスへの連動を目指しています。

インデックスは、満期1年以上の国債社債、国際ドル建て債を含む公募証券、投資適格証券、有税証券、確定利付証券、並びに不動産担保証券資産担保証券を投資します。

ベンチマーク   ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデック

経費率 0.05% めっちゃくちゃ安い

ETF純資産総額 368.74億米ドル

利率      2%~2.5%

設定日   2007年4月3日

 

メリット

  • 安定

最低価格リーマンショック時に70ドルぐらいになりました。現在80ドルぐらいです。値動きが非常に小さく安定しています。

ダウはリーマン6ヶ月後の2009年3月6日に6469.95ドルまで下げました。現在25500ドルです。2008年始めで13000ドルなので半分に下がりました。株価はボラが大きいので、上昇時には良いのですが、値下がり時には損出が大きいです。

  • 安全

米国政府など、安全資産しか投資対象になっていない。

発行体別構成比率
米国政府  64.1%

Aaa    5.8%

Aa  3.4%

A  12.1%

Baa  14.6%

Baa未満  0%

トリプルAの上に米国政府があり、構成比の2/3近くまであります。

確かに安心できます。

 

 ETFなので、売買がすぐにできる。換金しやすい。

 

デメリット

  • 利益が出にくい

 利回りが2%台なので、大きく利益を出すことができない

  • 短期投資に向いていない

  利回りが2%台なので、少額の売買では手数料だけで元が取れない。

値幅の変動が少なく、短期の取引では儲からない。

 

まとめ

2020年には景気が下がって来るといわれる中で、長期の投資として年2%の金利も選択肢の一つではないでしょうか。あくまでも為替相場を見ながら。